箱根駅伝 PR

箱根駅伝2025予選会はいつ?日程や出場校を調査!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は『箱根駅伝2025予選会はいつ?日程や出場校を調査!』についてご紹介します。

箱根駅伝は、毎年日本全国から注目を集める学生ランナーたちの祭典です。

2025年の大会への道を切り開くための重要な一歩、予選会の日程と出場校について多くの方が待ち望んでいるでしょう。

この記事では、2025年の箱根駅伝予選会がいつ行われるのか、そしてどの学校がその激戦を勝ち抜いて本選への出場権を獲得するのかを詳しくご紹介します!

この記事でわかること

●箱根駅伝2025予選会の日程

●箱根駅伝2025予選会の出場校

●箱根駅伝2025について

箱根駅伝2025予選会の日程

箱根駅伝2025の予選会の日程について、まだ公式の発表ありません。

しかし、過去の傾向から見て2024年の10月下旬に開催される可能性が高いと考えられます。

具体的な日付としては、2024年の10月12日(土)または19日(土)が有力とされています。

なお、予選会は東京都立川市にある陸上自衛隊立川駐屯地をスタート地点とし、昭和記念公園がゴール地点となる21.0975kmのコースで行われます。

情報が入り次第こちらに追記します。

 

箱根駅伝2025予選会の出場校

箱根駅伝2025予選会の出場校はまだ決定していませんが、2024年の第100回大会で上位10位に入った学校がシード校となり、予選会に出場しなくても2025年の第101回箱根駅伝に出場できます。

シード校は以下の10校です。キャプテン:各大学のキャプテンが発表されています1。例えば、青山学院大学のキャプテンは田中悠登選手、駒澤大学のキャプテンは篠原倖太朗選手、國學院大學のキャプテンは平林清澄選手、早稲田大学のキャプテンは伊藤大志選手、中央大学のキャプテンは佐野拓実選手となっています1

青山学院大学(田中悠登選手)

駒澤大学(篠原倖太朗選手)

城西大学

東洋大学

國學院大學(平林清澄選手)

法政大学(宗像直輝選手)

早稲田大学(伊藤大志選手)

創価大学

帝京大学

大東文化大学

※()内はキャプテン選手名

2024年の予選会では57校がエントリーしました。

 

箱根駅伝2025について

箱根駅伝2025は、1月2日と3日に開催される予定です。

このイベントは日本のスポーツカレンダーの重要な行事として毎年恒例となっており、東京から箱根までの往復約217.1キロメートルのコースで大学チームが競います。

レースは2日間に分けられており、初日には107.5キロメートルを走り芦ノ湖まで到達し、2日目は109.6キロメートルを戻ってきます。

この駅伝は1920年に始まり、東京と箱根を結ぶ歴史的な東海道に沿って行われます。

レースは個々の走者の体力と技術だけでなく、チームワークと戦略も試されるため、非常に競争が激しくなります。

さらに、観客やテレビ視聴者にも非常に人気があり、毎年多くの人々がこの伝統的な新年の行事を楽しみにしています♪

\箱根駅伝の裏側まで楽しみたい方にこちらもオススメ/

created by Rinker
¥1,900
(2024/06/25 06:09:30時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,900
(2024/06/25 06:38:14時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は『箱根駅伝2025予選会はいつ?日程や出場校を調査!』についてご紹介しました。

2025年は第101回目の箱根駅伝となります。

歴史ある伝統行事として注目を浴びることは間違いありません。

現時点で公式の情報はありませんが、発表され次第こちらに追記していきますね!

この記事での要点

●箱根駅伝2025予選会は2024年の10月12日(土)または19日(土)が有力

●箱根駅伝2025予選会はシード校の出場のみ確定している

●箱根駅伝2025は1月2日と3日に開催される予定

ABOUT ME
run
ご覧いただきありがとうございます。 このサイトはイベント情報を中心に発信しております。